対中国輸出水産食品検査

 平成26年1月1日より、中国向け輸出水産食品に関する取扱いが変更となりました。
 詳細は 厚生労働省HP をご覧ください。

1.自主検査基準



水産物の種類 検査項目
官能検査 カドミウム
(mg/kg)
無機ヒ素
(mg/kg)
ヒスタミン
(mg/kg)
生鮮品
冷凍品
魚類 官能検査判定
基準による異常が
ないこと
≦0.1 ≦0.1 サバ
≦100
その他の魚類
≦30
その他の動物性水産物 ≦0.5
乾燥製品 貝類及びエビ・カニ類 ≦1.0
すり身製品 魚すり身製品 ≦0.1 ≦0.1
エビすり身製品 ≦0.5
藻類(乾燥重量として)
その他の水産食品

 ※二枚貝(未加工品及び簡易な加工品に限る。)については
  麻痺性貝毒(<4MU/g)及び下痢性貝毒(<0.05MU/g)の検査をおこなうこと。

2.放射能検査


  詳細は 水産庁HP をご覧ください。

3.中国向け輸出活水産物の検査機関の認定を受けましたので、目視検査を行っています。


  詳細は 北海道庁HP をご覧ください。