放射性物質の検査

 平成23年3月11日以降の福島第一原子力発電所の事故以来、流通する食品の安心・安全、風評被害の防止等を目的として放射性物質測定業務を行っております。
 当センターではゲルマニウム半導体検出器を用いた精密検査とNaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータを用いたスクリーニング検査を実施しておりますので検査の目的に合わせてご選択ください。

ガンマ線スペクトロメータ法[ゲルマニウム半導体検出器]


測定項目  ヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137
 必要検体量検出下限値
飲料水・飲用茶2L0.4 Bq/kg
一般食品類200g10 Bq/kg ※1
1~2kg1~4Bq/kg
※1:輸出食品含む(韓国向け輸出水産食品は2kg以上必要(0.7Bq/kgまで測定) )
上記は何れも可食部としての量になります。

検査期間 3営業日(通常納期) ※お急ぎの場合はお問い合わせ下さい。

平成24年4月1日より「食品中の放射性物質の新基準値」が設定されました。
放射性セシウム(セシウム-134、セシウム-137の合計値)の新基準は次のとおりです。

放射性セシウムの基準値
【単位:Bq(ベクレル)/kg】
一般食品
※2
乳児用食品 牛乳飲料水
飲用茶
基準値100505010
※2:乳児用食品、牛乳、飲料水(飲用茶)を除いた食品が対象です。

NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータ法[放射性セシウムスクリーニング]


測定項目  放射性セシウム(セシウム-134及びセシウム-137の合計値)
 必要検体量検出下限値
一般食品類50g25Bq/kg ※3
※3:比重の小さい試料については検出下限値が高くなることがあります 上記は可食部としての量になります。
検査期間 2営業日(通常納期) ※お急ぎの場合はお問い合わせ下さい。

お知らせ



《放射能試験において ISO/IEC17025 試験所認定を取得致しました》